山口県の周南市で鋼構造物 管工事等の製作及び設置工事を行なうユタカ工業株式会社
BLOG 9690
  • アーカイブ
  • カレンダー
    6月 2024
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    ブログカテゴリ
    過去の記事

由宇港と砂浜
 

トップページ » 由宇港と砂浜

2023年4月11日

みなさま、こんにちは。



春風が頬に心地よい季節となりましたね。

新学期を迎えた子どもたちが、「きゃっきゃっ♪」と楽しそうに

島の通学路を行き交います。



さて、先日わたしは岩国市の由宇港の現場を訪れました。

由宇港は県の港湾施設で、国道188号線沿いに位置しています。

中心には「潮風公園 みなとオアシスゆう」という施設があり、

地域交流や憩いの場になっているそうです。

大島内外には美しい海岸が点在していますが、

こちらは全長450mの白い砂浜を誇り、

目の前には東の水平線が広がる、すばらしいビーチです。


こちらの現場では、どのような工事を行っているのかというと・・・?

「この海岸は潮当たりが強くてね、砂がえぐれるのを防止するために

 突堤(とってい)を延ばす工事をしているんだよ。」と

社内で一番優しいと評判の現場監督さんが、丁寧に説明してくれました。


[写真]工事現場①

[写真]工事現場②

[写真]工事現場③


“砂がえぐれる”、とは、どういうことを指すのでしょうか。


海岸に供給される砂は、川から運ばれてきます。

入ってくる砂と出ていく砂の量の違いで、

砂の浸食と堆積が決まってきます。

つまり “砂がえぐれる” とは、波の影響で

海岸の砂が沖に移動することを指すのです。

さらに、砂の浸食が進行すると、貴重な国土そのものの減少を招き、

逆に堆積が進行すると、河川の氾濫や小型船舶の航行を妨げる

原因にもなるのです!

なるほど、海岸に突堤を整備することで、砂浜の景観を保つだけでなく、

国土マネジメントの取り組みにも寄与できているのですね!(^^)!



さて、突堤の工事は今年の夏には完了するそうです。


ぜひ「潮風公園 みなとオアシスゆう」を訪れて、

海水浴や散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)。

[写真]砂浜⑦



ユタカ工業株式会社|山口県 周防大島エリアの土木・建築・とび・土工
所在地 山口県大島郡周防大島町久賀字中辻下5130-4
TEL.0820-79-0274 FAX.0820-79-0275
SDGs宣言
Copyright2024 © ユタカ工業株式会社 All Rights Reserved..